テレビ

芝野虎丸八段の出身高校や大学は?経歴や家族構成も調査!

スポンサードリンク

なんとも素晴らしいニュースが入ってきました!

第44期名人戦七番勝負が静岡県熱海で行われ、19歳の芝野虎丸八段さんが張栩(ちょうう)名人に白番中押し勝ちし、対戦成績4勝1敗で初の名人位を獲得されました。

史上最年少での七大タイトル獲得です!

10代で初の獲得ということなのでとても凄いことです。対戦相手の張栩名人さんは39歳と一回り以上、上の方だったのでとても緊張されたことでしょう。

そんな凄い成績を出されている芝野虎丸八段さんの経歴や出身高校などが気になりますね。

ということで今回は、「芝野虎丸八段の出身高校や大学は?経歴や家族構成も調査!」についてお送りしていきたいと思います。

それでは、早速始めていきましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

芝野虎丸八段のプロフィール

まずは、芝野虎丸八段のプロフィールからチェックしていきましょう!

名前:芝野虎丸(しばのとらまる)

生年月日:1999年11月9日(19歳)

出身地:神奈川県

所属:日本棋院東京本院 

とらまるは、本名なんですよ。

可愛いと言っていいのかわかりませんが、笑顔が可愛いです←

まだ19歳ですしやはり勝ったときは、本心が出てほっとしますよね。

スポンサードリンク



芝野虎丸八段の出身高校や大学は?家族構成も

芝野虎丸八段は、実は高校に通っていません。なので大学も進学されていません。

将棋で活躍されるようなり、高校へ進学はされなかったようです。将棋でここまで成績を出される程なので、中学時代からもずば抜けた成績を持っておられそうです。

家族構成は、父、母、兄の龍之介さんと姉の5人家族です。

兄の龍之介さんもプロ棋士をされていますが、弟さんの方が活躍が目立っているようです。お姉さんは、東大に合格されているのでとても育て方が素晴らしいのでしょう。

ちなみに父親は、将棋をしたことがなく教えるために囲碁の専門書1000冊以上を揃えたそうです。

1000冊以上は、膨大な量ですよね。

経験がないことを人に教えるのは難しいので、とても研究されたのでしょう。

ご兄弟みんな、頭が良いのできっと育て方に何か秘策があるのかもしれませんね。

スポンサードリンク



芝野虎丸八段の経歴は?

芝野虎丸八段の経歴も確認していきましょう。

そもそも将棋を始めたきっかけは、「ヒカルの碁」のファンであったご両親の影響により始められたそうです。「ヒカルの碁」は、少年漫画です。

芝野虎丸八段さんに将棋を教える程影響を受けられた漫画なので是非読んでみたいですよね。

洪清泉が主催する東京都杉並区の洪道場出身です。おなじ道場出身者に一力遼さん、平田智也さん、藤沢里菜さんがいます。

中学3年でプロ入りすると年間勝率1位という凄すぎる実績を出されています。

ご両親と共にとても努力されたのでしょうね。

2014年9月1日に初段、2015年10月9日付けで勝ち星対象棋戦通算30勝にて二段に昇段されました。

虎丸八段さんは、天才棋士の藤井聡太に匹敵するといわれているだけあって本当の天才かもしれません。

2016年10月、第41期棋聖戦Cリーグ4勝1敗でBリーグに昇格されました。そして10月21日付けで勝ち星対象棋戦通算40勝にて三段に昇段。

毎年着実に実績を伸ばされていますね。

その後もタイトルを獲得され、今年2019年、第44期名人戦では6勝2敗で河野臨九段と同率首位となり、その後8月8日に行われたプレーオフで河野九段に黒番半目勝ちされました。

プロ入りから史上最速の4年11カ月、また史上二人目となる10代での名人挑戦を決められました。

プロに入られてからのスピードがやばいですね。

将棋をされる為に生まれてきたといっても過言ではないかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「芝野虎丸八段の出身高校や大学は?経歴や家族構成も調査!」についてお送りしてまいりました。

10代の名人誕生というのは、とても素晴らしいですよね。ご両親の熱血な指導があってこの結果に至ったのでしょう。

今後もさらに活躍されること間違いないですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
スポンサードリンク