テレビ

森田歩希(青学エース)箱根駅伝2019の欠場理由と怪我の原因!代走は誰?

スポンサードリンク

お正月と言えば毎年恒例のあの番組を見なきゃお正月!という気にならない方もいらっしゃるのではないかと思う「箱根駅伝2019」が今年もやってきました。

箱根駅伝では数々のドラマが展開され、テレビ越しに感動をもらっています。箱根駅伝の区間エントリーが12月29日に発表されましたが、その中で話題になっている大学と言えば「青山学院大学」ではないでしょうか?

それは、青学エースの森田歩希(もりたほまれ)さんが2区にエントリーされていなかったからです。なんと森田さんが怪我の為、箱根駅伝を欠場するという事態になっているそうです。

今回は欠場理由と怪我の原因、そして気になる代走について詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク



森田歩希(青学エース)箱根駅伝2019の欠場理由は?

森田さんが欠場なんて監督も頭を悩ませているでしょう。欠場までになった理由は何なのでしょうか?

左の股関節の故障が原因だそうです。11月下旬の朝練習後に左股関節付近に違和感を覚え、12月の強化練習にほぼ参加できていない状態です。違和感を覚えた後にMRIも受けておられるので深刻な状態です。1カ月間も練習に参加できていないことからとても痛みがあるものなんでしょう。

花の2区と呼ばれる区間以外に起伏の少ない区間で起用される可能性もありますが、原監督がおっしゃるには、「(青学で)12月練習消化率が0%の選手が過去に箱根を走ったことはない」とのことで現時点で起用されるかは定かではありません。

森田さんは、4年生で今年が最後の箱根駅伝なのでご本人も2区を走れないのは、悔しいでしょうね。4年間の集大成とも言える最後の箱根駅伝、どこかの区間で走る姿を見たいのが本音です。完全に走れないわけではないので、最終まで見極めた上で判断されるそうです。

怪我の原因は?

さて、ここまで練習に参加できない程になった怪我の原因が何か気になりますね。調べてみたところ、これといった情報がありませんでした。

ですが、股関節の故障ということで、負担がかかりやすい箇所でもあるので練習時に何かあったのかもしれませんね。いくら気にかけていてもいつ体の状態が変わるかは予想つきにくいですね。

箱根駅伝には間に合わないかもしれませんが、早く良くなってほしいです。

スポンサードリンク



代走は誰?

森田さんの代走は誰か気になりますね。代走で2区にエントリーされたのは、同じく4年の梶谷瑠哉(かじたにりゅうや)さんです。

梶谷さんは昨年の箱根駅伝で4連覇を果たしたメンバーの内の一人です。さらに2018年11月の全日本大学駅伝対校選手権大会では、最長19・7キロアンカーを務め、区間3位と好調です。2位の東海大学に2分20秒の差をつけ、青学を同大会2年ぶり2回目の優勝へと導いた方です。

代走と言っても実績がすごいですよね!これは、箱根駅伝の2区も期待できそうです。

森田さんが2区を走れなくても「他の15人が森田さん任せでなく、みんなで盛り上げていこうとなっている。」と原晋監督がコメントされているので、チームワークで箱根駅伝が盛り上がりそうですね。

梶谷さんは、森田さんの代走ということでプレッシャーはあると思いますが、思いっきり走りきってほしいです。

まとめ

5連覇と史上初の2度目の3冠を狙う青学にとっては、森田さんの欠場はとても厳しいことだと思います。ですが、他のメンバーの方達でチームを盛り上げて箱根駅伝を走り抜いてほしいです。

毎年箱根駅伝を楽しみにしている私も今年はどのような走りになるのかとても気になります。感動をもらう箱根駅伝を今年もしっかりと応援したいです。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
スポンサードリンク