旅行

ハミルトン島ホテル「ビーチクラブ」に旅行記!口コミや評価は?

スポンサードリンク

こんにちは、うみです♪

今回は、筆者が実際に宿泊した「ビーチクラブ」について詳しく記載していきます。

ビーチクラブの魅力とは!?

至れり尽くせりの非日常空間を味わえるホテル。泊まってみなきゃわからないこともあるので、チェックしていってください。

 

 

スポンサードリンク



ビーチクラブの魅力とは?その秘訣に迫る!

ハミルトン島で人気のホテルに上位ランクインする、ビーチクラブ。それもそのはず、ビーチクラブは18歳未満は宿泊禁止の大人だけが泊まることのできるホテルなのです♪2階建てのコテージのようなホテルで、大型ホテルとは違いゆっくりとできる所でした。

子供がいないとなるともう開放感~~!!って感じですし大人の静か~な時間を過ごせてもうワクワクでした♪ゆっくりしたいはずなのに子供のようにはしゃいでしまい私が子供みたいになりそうでした←

 

口コミもちらほら。

憧れのハミルトン島、ここビーチクラブに宿泊した甲斐がありました。ホテルはプライベート感があるつくりで、お部屋、ロビー、プールサイド、ビーチどこもゆったりできました。部屋は二階だったので、バルコニーの椅子に座ってビーチを眺めるのは贅沢でした。

 

宿泊者は18歳以上のみ、と限定しているように、大人のリゾート。 部屋からそのまま宿泊者専用のプールや、海へいけるのがとても便利でした。

 

ビーチクラブは大人のリゾート。私もそう思います。本当に優雅な時間が流れるホテルです。宿泊してよかったという意見は多々見受けられます。

そんなビーチクラブの魅力をどーんとご紹介します♪

ビーチクラブがある場所はどこ?

ビーチクラブはハミルトン島市内のマリーナハーバーから徒歩10分くらいの場所にあります。マリーナハーバーからオプショナルツアーに出発することがあるので、利便性がとてもいいです。

レストランやスーパーもマリーナハーバーにあるので、行動しやすい立地です。

ホテルの中身が気になる!部屋が見たい!

  1. ビーチクラブの外観

ビーチクラブの外観はこのような感じです♪(ヤシの木で廊下が外からあまり見えないようになっています)日本のホテルや旅館よりもオープンな作りになっています。屋根の下が廊下になっています。

 

 

このホテルの最大の魅力は、ホテルの目の前がキャッツアイビーチなのです♪

ホテルからビーチまで徒歩1分もかかりません。なにせ、ホテルからビーチに直接いくことのできる道があるのでそこを通れば、すぐにビーチに到着!

 

一面、ビーチのように見えますが、手前はプールでその奥にビーチがあります。繋がっているように見えるほど近い距離♪

キャッツアイビーチで遊んで、疲れたら部屋に戻ってくつろぐことのできる贅沢。記載していてまたいきたくなるそんな場所です。

気になる部屋は!?

まず、ホテルに着くとウェルカムドリンクでお出迎え♪

ロビーやラウンジは、日本のホテルとは異なり、どこかのリビングルームのようなソファーとミニバー、レストランがあります。

この黒い粒粒が美味しくてサッパリとした味でした。リゾート地に来たと認識できる飲物です♪

 

 

 

さて、肝心のお部屋。

私が宿泊したのは、2階のシングルベッドが二つある部屋です♪毎日清掃して貰えます。

 

ベランダから中を撮影。

ベッドの前に1人掛けのソファーが二つあります♪このソファーに座りながら景色を眺めることができる素敵な場所。

 

写真のようにベッドの奥にミニバーがあり、湯沸かしポットやコーヒーメーカーがありました。コーヒーや紅茶もあったので自分で入れて気軽に飲めます。写真には写って居ませんが、冷蔵庫もあるので、ハミルトン島で購入したものも冷やせます。(ハミルトン島は気温が高いので、お水を冷やしていました)

 

 

ベランダには、2人掛けのソファー。ベランダからキャッツアイビーチを眺めるだけで癒されます。

 

そのベランダからみた景色です。

 

 

コバルトブルーの綺麗な海です。この景色は本当に最高です。リゾート地の醍醐味♪優雅な時間を過ごすことができます。

 

 

お風呂と洗面所は撮影し忘れましたが、大きなバスタブとシャワールーム、広々とした洗面台とお手洗いでした。

海外だとバスタブとシャワーが一緒になったタイプのお部屋が多いですが、ここは別々になっていたのでお風呂にゆっくり浸かることができました。

 

部屋は宿泊するにも食事するにも困ることはありませんでした。

清掃は日々行き届いていて、タオルも毎日変えてくれるのでよかったです。朝、ビーチの音で目覚めることができる幸せな空間です♪

スポンサードリンク



ビーチクラブのサービスは!?

ビーチクラブは行きたい所をホテルのスタッフに送迎してもらえます。

今回宿泊して一番嬉しかったサービスです。片言の英語で行きたい所を伝えると、そこまで車で送ってもらえて帰りも迎えに来てもらえます。バギーの貸し出しもありましたが、島にいる間ずっと乗れるわけではなかったので、歩いていくには少し遠いなぁと思う所も行けるのは嬉しいです。あと、夜道も安全です。せっかくの旅行だからとお酒を摂取することもありますが、そんな時でも帰りのことを気にせずに楽しめるのでこのサービスは魅力です。

また、ペットボトルのお水が毎日部屋に置いてあります。暑いので水は欠かせません。

ハミルトン島は物価が高いのでお水も高いです。また、ラウンジにも水が置いてあるので便利です。

ビーチクラブの食事は??

ビーチクラブの朝食、夕食ともに利用できるのは、ビーチクラブの宿泊者限定です。混み合うこともなく、優雅な食事タイムをとることができます。

朝食は、メニューから一つ選ぶことができて、パンやパンケーキなどがあります。朝食は、もともとついているので値段などをきにすることこなく好きなものが食べれます。その他にビュッフェスタイルでフルーツ、パン類、シリアルなどがあります。

今回は、プールに近いところで食事できたので、朝からビーチを見ながら朝食を食べれて優雅なひと時を送れました。

私食べたものです。

 

 

フルーツ好きなのでたくさん食べれるのは嬉しかったです♪

 

夕食時もプール側の席に案内してもらえて、夜のビーチをみながら美味しい食事を頂くことができました。食事の一部です。某旅行会社のコース料理にしましたが、想像以上に量が多かったです。味はとても美味しくて贅沢で優雅な時間を過ごすことができました。

 

 

 

 

女性が気になるアメニティ

高級ホテル宿泊の際に、どんなアメニティがあるのか気になるのは女性だけでしょうか??

私も今回初めて宿泊してアメニティの素晴らしさに初日から喜んでいました♪

ビーチクラブのアメニティはオーストラリア発祥の「Aesop」でした。シャンプー、トリートメント、ボディソープ、ボディクリーム、全てがAesopで統一されていました♪使用してまだ残っていても日々新しいのを部屋に置いてくれるので、使い放題です。

日本で高いかなと思っていたものがビーチクラブで自由に使えるのは至福です♪

番外編:鳥には注意!

ビーチクラブだけではないですが、写真のような鳥がハミルトン島内でよく出没します。

最初は白くて綺麗!と思っていました。

 

 

この鳥達が狙っているのは、基本「食べ物」です。実際にビーチクラブで朝食を食べた時もちょっとずつ近づいてきてました。(笑)スタッフの方が追い払ってくれますが、人間慣れしているのかすぐにまたやってきます。それ以外でもビーチクラブでも窓を開放したままにすると部屋に入ってくること、ベランダで服を乾かすのも辞めた方がいいと教えてもらいました(服を持っていく可能性が高い)。自分の食べ物等は自分でしっかりと守ってください。

スポンサードリンク



まとめ

ビーチクラブの旅行記いかがでしたでしょうか?スタッフの対応もよく、ビーチを眺めて過ごせる優雅な時間を過ごせる場所でした♪また泊まりた~い!!と思えるホテルです。ハミルトン島での宿泊を考えておられる方の参考になれば嬉しいです♪

スポンサードリンク




スポンサードリンク
スポンサードリンク