芸能人

ぺこぱの経歴やwikiプロフィール!コンビ名の由来も調査

スポンサードリンク

こんにちは、うみです!

令和初のM1グランプリが開催されましたね!

今回の優勝者は、史上最高得点をたたきだされた「ミルクボーイ」です。今回のM1で初めて知った方も多そうですよね。

優勝のミルクボーイも凄いですが、今回は3位を獲得された「ぺこぱ」について調べていきたいと思います。

題して、「ぺこぱの経歴やwikiプロフィール!コンビ名の由来も調査」と称してお送りしてまいります。

それでは早速始めていきましょう!

スポンサードリンク

ぺこぱの経歴やwikiプロフィール!

まずは、ぺこぱの経歴やプロフィールを確認していきましょう!

ぺこぱは、松陰寺 太勇さんとシュウペイさんで結成されたコンビです。

お二人のプロフィールをチェックしていきましょう!

◆松陰寺 太勇(しょういんじ たいゆう)

本名:松井 勇太(まつい ゆうた)

生年月日:1983年11月9日(36歳)

出身地:山口県光市出身

血液型:O型

担当:ツッコミ(自称は「キザ」担当)、ネタのほとんども作成

趣味:野球観戦(千葉ロッテマリーンズのファン)、ニュース、日本史(特に幕末)、作曲

松陰寺さんの芸名は、ご自身の本名から大方考えられたもののようですね。

最初から芸人を目指しておられたわけではないそうなんです。

実は、高校卒業後は大阪のレコーディング専門学校、キャットミュージックカレッジ専門学校(サウンドエンジニア専攻)に進学して2年間在籍されていました。

卒業後はプロのミュージシャンを目指しておられたんです!

そして、、、かつてはバンドマンとして活躍されていました。

その後に芸人への道を歩まれることになったんです。コンビ結成前はピン芸人「松井祭」として活動されていました。

ちなみに東京都にある松陰神社を、自分の聖地と言っておられるそうです。大事な仕事の前にはお参り等さえていそうですよね!←

舞台に出演する時は、髪型を作るために大量のハードワックスを使っているので、シャンプーを2・3回付けて洗わないと髪のハードワックスが落ちないほどなんだそうですww

2016年1月に、自主製作CD『風』を発売されています。

二足の草鞋をあゆんでいくこともできますよね!

なんと、松陰寺さん自身が収録されている全9曲全ての作詞・作曲・編曲、演奏、レコーディングを手掛けています。

◆シュウペイ

本名:成田 秀平(なりた しゅうへい)

生年月日:1987年7月16日(32歳)

出身地:神奈川県横浜市出身

血液型:A型

担当:ボケ

趣味:サッカーなどスポーツ観戦(FC東京のファン)

シュウヘイさんは、元ギャル男だったそう。ギャル男時代の名残として、髪の毛の先が良く傷んでいるそうです。

女性のような髪の毛ですねww

趣味にサッカーとありますが、高校時代はサッカー部で小林悠、太田宏介、小野寺達也とチームメイトという経歴をお持ちです。

サッカーをされていたこともあり、運動神経は良いらしいです。

コンビ名の由来は?

お二人のプロフィールが分かったところで、コンビの結成理由やコンビ名の由来もチェックしていきましょう!

コンビ名の由来は、同じ事務所の先輩に名付けてもらったことです。

コンビ結成のきっかけは、ピン芸人「松井祭」だった松陰寺さんと、シュウペイさんによって2008年4月に結成。

結成当時は、「先輩×後輩」(せんぱいこうはい)のコンビ名で活動を開始されていました!

この時のコンビ名の由来は、当時のアルバイト先の居酒屋で松陰寺が先輩、シュウペイが後輩だったという関係からだったんだそう。

松陰寺さんがシュウペイさんに将来何がやりたいか聞いたところ「伝説を作りたい」と言われたのを気に入ったことがきっかけでコンビを組むことになったんだそうです。

最初、シュウペイさんは、松陰寺さんのピン芸人としてのライブを観てあまり面白くなく思ったこともあって断り続けていたらしいです。

熱意が伝わったのか約半年間誘い続けた後、お試しで結成されて今の至っているそうですよ♪

どんなきっかけでコンビに繋がるか分からないものですよね!

まとめ

今回は、「ぺこぱの経歴やwikiプロフィール!コンビ名の由来も調査」についてお送りしてまいりました。

ぺこぱは、M1グランプリで2018年に準々決勝進出までされていた実力保持者で今年もM1に出場されていたので来年こそはグランプリをとってほしいですね!

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサードリンク
スポンサードリンク