未分類

横浜シーサイドライン逆走の事故原因は?当時の様子も!

スポンサードリンク

2019年6月1日午後8時15分、横浜市南部を走る横浜シーサイドラインの新杉田駅で列車が逆走するという事故が起きました。

列車が約25m逆走して車止めに衝突し、乗客ら14人が怪我、そのうち6人が骨折など重傷を負っています。怪我をした2人は、命に別状はないとのことです。

現場では、子供の泣き叫ぶ声がひびいていた状態です。

最近、車での事故が多い中、安全だと思っていた電車でも起きた事故。事故原因は何か詳しく確認していきましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

事故原因は?

何故このような事故が起きたのか?

シーサイドラインの特徴は、無人運転の新交通システムでした。そう、列車に運転士がいません。すでに組み込まれた装置に沿って運転しています。

なんとも新しい列車ですね。私は、運転士がいる電車にしか乗ったことがないので、不思議な感覚です。

人が運転していないということは、何かモーターや機械にトラブルが起こったのではないでしょうか。


運営会社からの記者会見で、システム上何も問題がなかったようです。進行方向切替完了の通知が車両からあり、発車の指令もあったそうです。

運転士がいない列車で、事故が起こるというのは、システム以外考えられないような気がします。

点検で発見できないような設備不良があったのかもしれません。何か原因がないと事故は起きませんよね。

スポンサードリンク



事故の様子は?

事故の衝撃の様子はどのようなものだったのでしょうか?

実際に列車に乗っていた方の話ですと、

見渡すと、前の車両には血だらけで倒れ、後ろの車両で顔から血を流している人もいた。「子どもの泣き声が聞こえ、パニック状態だった」と話した。

衝撃で腕と足をポールにぶつけ、痛みがあるという。衝突から5分ほどは車両から出られなかった。その後、先頭車両から外に出られるとの車内放送が流れ、車外に出られたという。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190602-00000003-asahi-soci

事故の衝撃の強さが伝わってきます。シーサイドラインは、子供も沢山乗っているのでとても怖かったでしょうね。

いきなり身にかかる予期せぬ事故程怖いものはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?誰もが安全だと思い乗っている列車で起きた事故です。システム上問題がなかったとしても、事故が起きている時点で何か設備不良があったのではないでしょうか?

事故のはっきりとした原因はまだわかっていませんが、今後事故が起きないように原因解明と安全に力を入れてほしいです。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
スポンサードリンク