未分類

横浜シーサイドライン逆走事故の運転再開はいつ?振替輸送も調査!

スポンサードリンク

2019年6月1日午後8時15分頃に横浜シーサイドラインの新杉田駅で列車が逆走するという事故がおきました。負傷者は14人と怪我人も多い事故です。

無人運転で動いているこのシーサイドラインですが、事故が起きてから半日以上たっていまも運転再開しておりません。

いつから運転になるのかチェックしていきましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

運転再開はいつ?

運転再開までは、1か月半くらいかかるのではないでしょうか。

というのも大阪で1993年10月にニュートラム南港ポートタウン線住之江公園駅で無人運転の電車が暴走し車止めに衝突するという事故がありました。その事故の際は、運転再開まで1か月半かかっています。この時の事故原因は、常用ブレーキがきかなかったことです。

今回の事故に似ていますね。この件から考えると最低1か月はかかると思います。仮に1か月も運休となれば、利用者にはとても影響が出ますね。

休日ももちろんですが、平日にもかなり影響がでます。運営会社によると運転再開の見通しは現時点で立っていないそうです。

さらに国土交通省は同社に対し、安全が確認できるまで運行を再開しないよう指示したとのことで、まだまだ時間がかかりますね。

スポンサードリンク



振替輸送はどこから?

シーサイドラインが運休となると振替輸送が気になりますね。6月2日までは下記のようです。


シーサイドラインの金沢八景駅~新杉田駅間は、バスの振替輸送が出ています。この情報は、6月2日までの振替輸送についてですので、また新しい情報が入り次第追記していきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の事故は、運転再開まで1か月くらいかかりそうです。安全が確認できないと再開されても乗るのが怖いですよね。

早く再開されることを願います。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
スポンサードリンク