天体

こぐま座流星群2019大阪のピーク時間や方角は?おすすめスポットも

スポンサードリンク

こんにちは、うみです!

2019年最後の流星群、「こぐま座流星群」が見れる時期がやってきましたね。こぐま座流星群の前は、ふたご座流星群と全国各地で一目みようとされている方も沢山いらっしゃったのはないでしょうか。

今年最後の流星群なので見逃さずに見たい方もいらっしゃいますよね。

一体いつがピークで見れる方角はどこなのか、、、。

ということで今回は、「こぐま座流星群2019大阪のピーク時間や方角は?おすすめスポットも」と称して関西は大阪でこぐま座流星群が見れる所を調べていきたいと思います!

それでは早速始めていきましょう!

スポンサードリンク

こぐま座流星群2019大阪のピーク時間や方角は?

こぐま座流星群は、活動に波がありその年によってちゃんと見れるかは変わってきます。

毎年1年の終わり、12月の下旬に出現します。

1年の終わりにほっと空を眺めて流星群を見るのも束の間の休息になるのでいいですよね♪

そんなこぐま座流星群のピーク時間や方角はどのあたりなのか確認していきましょう!

2019年のこぐま座流星群のピークは12時頃と日中となっています。

昼間に極大を迎えるのでピーク時に肉眼で見ることができません。

なので肉眼で見るには、、、

  • 12月22日の夜~23日の夜明けまで
  • 12月23日~24日の夜

特に見るのにおすすめなのは、23日の夜明けです。

 

というのも放射点(流星が降り注ぐ出発点みたいなところ)は明け方の方が高くなるなのでこの時間が一番見頃になります♪

新月前で月明かりの影響はほぼないのですが、もともと出現数が少ない流星群で1つ見れればラッキーくらいの気持ちでいるのがいいでしょう。

こぐま座流星群2019の方角は?

こぐま座流星群2019を見るのに一番いい方角はどこなのでしょうか。

見る方角はどちらが良いということはないそうです。

しかし、流星が飛び出す方向を観測するとすると北の方角を中心に観測するのが良いでしょう。

ちょうど冬至の時期なので気長にこぐま座流星群が出現するのを待つのもいいですね!

ただとても寒いので防寒対策はばっちりしてくださいね。

おすすめスポットも

大阪でこぐま座流星を観測するのにおすすめの場所はどこなのか確認していきましょう。

そもそも流星群を観測しやすい場所は、「月明かりや街明かりの影響があまりないところ」になります。

となると都会である大阪は、あまり観測ができないのではないか、、、という不安な声もでてきそうですね。

そんな中でも比較的見やすい場所をいくつか挙げていこうと思います!

長居公園

長居公園は、長居駅から徒歩5分くらいのところにあるので、大阪市内からでもいきやすい場所にばります。

大阪市内なので見えにくいのでは?と思われるかもしれませんが、意外と見やすい穴場スポットになっています。

こぐま座流星群を観測するのに一番いい時間が明け方なので、会社や学校前に長居公園へ行かれるのも便利ですよね!

開園時間は常時開園されていて、入園料も無料です。

広いので朝からランニングされている方もいらっしゃいますよ♪

和泉葛城山

和泉葛城山は大阪府と和歌山県の境目にあります。

夜景がキレイに見える場所としても有名です!

大阪市内から離れているため穴場の一つですね♡

標高858mなので街明かりの影響が少なく大阪市内よりも星空が良く見えますよ。車で行かないといけない場所なので、アクセスはしづらいかもしれません。

箕面公園

箕面公園は、山の中にあるのでこちらも星空が綺麗に見えます。

聖展望台が近くにあるのですが、そこから市内を一望できるのでこぐま座流星群も見れそうですよね!

まとめ

今回は、「こぐま座流星群2019大阪のピーク時間や方角は?おすすめスポットも」についてお送りしてまいりました。

2019年最後の流星群なので、なんとしてでも見たい気持ちがありますよね!

こぐま座流星群が見れる時間は、23日の明け方が一番いい

・1つ見れたらラッキー♪の気持ちで観測すること

・防寒対策をしっかりとすること

・こぐま座流星群の方角は、北の方角

・大阪市内で見るには、長居公園がおすすめ

夜空を眺めながらほっこりとした時間を過ごすのも良さそうです。1年を振り返るいい機会にもなりそうですよね。

最後までお読みいただきありがとうございます!

スポンサードリンク
スポンサードリンク