イベント

五山の送り火2019混雑回避の方法は?大文字が見える場所も!

スポンサードリンク

京都で8月といえば、「五山の送り火」ですよね。京都の4大行事の1つでもあり、京都の山々に文字が作られる景色は、お盆がきたなと感じるイベントの1つです。

今年も8月16日に行われる「五山の送り火」ですが、毎年多くの人で賑わっていますよね。

この五山の送り火は、お盆に帰ってこられた「お精霊さん」を京都の街全体で送り届ける伝統的な行事です。

京都では、五山の送り火にちなんだ食べ物が販売されていて、お豆腐やお寿司、スイーツなどがあります。一度は食べてみたいですよね♪

観光で来られている方も多く、日本人のみならず外人の方も多く見受けられます。それほどに見る価値がある「五山の送り火」ですが、人気なだけに混雑も予想できますよね、、。

できれば混雑を避けてみたいのが本音ですね。

今回は、「五山の送り火2019混雑回避の方法は?大文字が見える場所も!」について見ていきましょう。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

五山の送り火2019混雑回避方法は?

知っておきたい混雑回避方法を見ていきましょう。

まず、五山の送り火の場所ですが、下記の5か所になります。

  • 大文字:東山、如意ケ嶽
  • 左大文字:金閣寺附近の大北山(大文字山)
  • 松ヶ崎妙法:松ヶ崎、西山東山
  • 船形:西賀茂船山
  • 鳥居形:曼荼羅山

五山の送り火で一番混雑している場所は、出町柳駅付近です。五山の送り火を一番綺麗に見える場所として人気です。

ですが、この付近は、橋の上で止まることもできずゆっくりと見ることができません。急いで写真撮って動かないといけないほどです。

混雑具合は、人の頭しか見えないといったところでしょう。暑い夜に人が集中すると暑さが倍増しますよね。

次に混雑している場所は、御薗橋賀茂川嵐山渡月橋です。この3か所も五山の送り火がよく見える場所なので、混雑しています。

よく見える場所=混雑していると思っていた方がいいかもしれませんね。

これだけ混雑している中で、混雑回避できる方法は、ホテルイオンモール京都五条の屋上から見ることです。

五山の送り火を見る為のプランがあるので、人気で8月に入ってからの予約ではもう満室の状態でしょう。

なので、イオンモール京都五条店の屋上で見るのがおすすめです。

イオンモール京都五条店は、五山の送り火の点灯時間に合わせて電気が消されます。そこから

混雑しておらず、座ってみることができます♪飲み物やトイレもあるのでここはおすすめの場所です。

五山の送り火は、テレビで生中継もされています。テレビだと全てのもし少を見ることができますし少しでも混雑しているのは嫌という方にはとてもおすすめです。

冷房の効いた自宅でトイレもありますしね(笑)

スポンサードリンク



五山の送り火2019大文字が見える場所は?

五山の送り火でも一番人気があるのが、「大文字」です。これを見たくて訪れる方も多いのではないでしょうか?

大文字が見える場所は、先ほどのイオンモール京都五条店、出町橋、賀茂大橋、鴨川の堤防です。

イオンモール京都五条店以外は、人が多く混んでいると思いますが、出町橋、賀茂大橋からの方が大文字に距離が近いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、「五山の送り火2019混雑回避の方法は?大文字が見える場所も!」について調べてみました。

京都の夏の風物詩である「五山の送り火」是非、足を運んで見てください。混雑回避した墓所で見るとストレスなく見れそうですよね♪

最後までお読みいただきありがとうございます。

スポンサードリンク




スポンサードリンク
スポンサードリンク